Uncategorized

残業時間を減らせる可能性

転職のメリットというと、

・残業時間を減らせる可能性があって、プライベートの時間を増やせる
・休日が増える可能性があって、自分の時間が増える
・自分の経験スキルが正当に評価されれば、やりがいを持って仕事ができるし給料アップも見込める

こうしたことがありますよね。

悩みが多い現代サラリーマンの実態

なにかとTVに映る品川駅(*_*)
密極まってますよね。
どうしてそんなに滅私奉公なんだ!

・一生懸命頑張って仕事をしても親会社から来た出来の悪い奴が主要なポストを占めている
・部下の管理をしてくれない上司の下で働いていたら自分も評価されない
・上司の上司に相談しても対応してくれない、こんな会社で働いていたら自分がダメになる

なのにあなたは京都へ、、、違った会社へ行くの?

生きた化石

おそらく、日本人ほど自己評価が低い国民はいないのでは?
実際に、国連?だったかがやった調査でもそういう傾向でしたね。

・頑張っても頑張らなくても同じ評価。このままでは頑張り損。人付き合いのうまいやつだけが出世していく
・下働きも重要だって自分に言い聞かせてきたけどもう限界。このままでは下働きだけで一生おわる
・ルーチンワークばかりの毎日ではいつかAIにとってかわられる

なのにあなたは会社へ行くの?

横をすり抜けてステップ踏む人たちとは

それなのに、こうした人たちがいるのも歴然とした事実。

・日々仕事が充実していて周りの女性からの評価がうなぎのぼり
・悩みがなくなり「最近顔色がいいね」と友人に言われる
・収入がアップし、月イチの焼き肉が週イチに

この差こそ、あなたに足りないモノでは?

考え過ぎ、悩みすぎは屁理屈と同じ

結局は大多数から抜け出せない、抜け出したくない思考で蓋がある。

・今いる会社をやめなければいけない。しかし、退職に関するガイドもあるし、いざとなれば退職代行という手もある。
・多くの会社の中から、自分がこれだと思う会社を選ぶのが大変。しかし、条件を給料が○○万以上、土日休みなど、自分の理想と思う条件をいれれば、おのずと絞られて選ぶのが楽になる。
・退職金は勤続年数が長いほど多いから、転職者は退職金が少ない

でもしかしがどんどん出て来る、、、お終い思考。

チャンスよりも戦略が未来を創る

駒はあなたですが、あなたが点からの幸運を待っている間にも、自分を前に進めるひとたちがいる。
H・フォードは、「皆がじっとしている、知らない間にものごとは進んでいる」と言ってます。

・今までの人事評価や人間関係をリセットできる
・やりがいのある仕事に出会える可能性が広がる
・さらに成長を感じることができる

こうした日々を獲得できるかどうかは、裏蓋がはずせるかどうかだけなのですが。

転職とは

一般的に、転職先を決めるために大切なのは、膨大な求人広告の中から自分の希望に適したポストや職場を探し出すことです。

そうするためには、様々な手段で求人情報を収集しましょう。会員だけにしか公開されていない求人もあるそうなので、いくつかの転職サイト又はアプリを登録する方が早く転職先を見つけることができます。

ゆっくり自分のペースで行ってしてよかったと思える転職をしましょう。転職すると決めた先が異業種である場合、転職先を探してみてもすぐにはみつからない場合がよくあります。

転職希望者が老齢である場合を除き、転職を考えるまで見たことも聞いたこともなかったような業界でも入れるなんてことも可能性としてあるでしょうが、それも、20代までに見ることが許されている夢ではないでしょうか。ただ、常に人が足りていないような業種を希望するのであればあまりいい労働条件のところは見つからないでしょうが晴れて転職希望者から転職者となるかもしれませんね。

残念ですが、転職しなければよかったと後悔することもあるでしょう。

転職前よりも仕事量がふえたり、年収が思った以上に上がらなかったり、職場のムードにとけこめない事もあるものです。

そのため、転職を落ち度なく成功させるには、資料集めを十分に行う事が大切です。さらに、自分を売り込む事もとても重要でしょう。

イライラせずトライしてください。

まだの方は転職サイトを試してみると、求人誌やハローワークでは見つけられない情報を得られるかもしれません。

それから、より効果的に転職を達成するためのコツなどを教えてもらうこともできます。サイト利用料はかかりませんので、ネット環境が整っているのなら利用しないのはもったいないです。

新たな仕事を探す手段の一つに、うまく取り入れてみてください。

一般的に、転職活動をする時に用いる履歴書では、自身の職歴を簡潔に、かつ分かりやすく書きましょう。今までご自身がされてきたお仕事の内容を伝えられれば、実際に職場でどんなふうに成果をあげられるのか、書類選考の際に、人事がより的確に判断できます。さらに、顔写真は意外と重視されるもので、大げさに感じられるかもしれませんが、写真館などで、撮影してもらったほうが、良いものになります。

記入している途中で間違えてしまった時は、新しい履歴書を用意して、書き直しましょう。ベストな転職方法といえば、転職する先を探しながら仕事を続け、転職先が決まったら、辞表を書くことです。職を辞めてしまってから転職先を探そうとすると、次の就職先が見つけられない場合、焦り始めます。あるいは、経済的にやっていけない不安がでてくるかもしれません。

だから次の就職先を見つけてから退職することをおすすめします。また、自分ひとりで探そうとせずアドバイスが突破口になることもあると思います。スマートフォンを利用するみなさんには、転職アプリを使ってみてほしいです。

料金も通信料だけでいいのです。求人情報を探すところから応募するまで、誰でも簡単にできます。

時間も手間もかからないから、求人情報誌やハローワークより面倒じゃないと思うのでは、というくらい手軽で便利です。ただ、どの転職アプリを使うかによって、機能や使用方法が違うためレビューなどで確認してください。

会社を変えようと求人に応募したら、好印象を与えられるような風貌で暗いなどと思われないようにアクションを起こしましょう。

興味をもたれるであろうことはだいたい同じようなことですから、先に煮詰めておいて、自信をもって語ってください。

最初のひとことがどうしても出なくなったり、前向きではない口調は悪印象を与えます。胸を張っていきましょう。転職のためにアドバンテージとなる資格もあることですし、取得してから転職するのも良い方法です。異なる職種に就きたいと思うのであればますます、経験値が低いことから言っても、他に志願している人達の方が有利になるので、希望する職種に求められる資格を前もって取るとたぶんいいと言えます。

資格を持つ人全員が採用されるとは考えられません。

あなたがUターン転職という選択をしたとき、求人に関する情報がなかなか集まらないケースもあります。

ですが、転職サイトを閲覧したり転職を支援するアプリをダウンロードすれば、地元の求人情報が簡単に手に入れられる上、応募さえすることができますよ。

数ある求人情報の中からあなたにふさわしい転職先と巡り合えるように、利用可能なツールなら何でも積極的に利用しましょう。